ベルポーレンと抜き型と裁断板

パーツ副資材 縫製工場現場

ベルポーレンと抜き型と裁断板

投稿日:

先月のブログで「そろそろ替え時」と記事にした裁断板。

ベルポーレンを抜くぐらいなら十分事足りてます。

織物生地だと抜き切れず、ハサミで切りなおすこともありますが、

ベルポーレンや芯材、合皮用としてもうしばらく活躍してもらいます。

新品の裁断板は、生地用として使い分けます。


関連記事

バックル

2019/05/30  -YKK社製, パーツ副資材

■バックル ベルト幅:30mm 材質:POM(ポリアセタール/プラスチック材料) メーカー:YKK社製 品番:LB30S サイドリリースタイプ   ■ベルト ポリプロピレン(P.P.)織テープ 軽量かつ強度に優 […]

>続きを読む

グログランテープ 縁取り巻き

生地の裁断切り口は、何も処理しないとポロポロほつれてきてしまいます。 帆布などの織物系の生地は、処理、工夫が必要です。 (ビニールレザーやターポリン等、塩ビ系の生地や、裏加工してある生地は 切りっぱなしでも問題ないものも […]

>続きを読む

PPベルト 

やってしまいました(反省) 部材、手配ミス。 38mm幅手配するはずが、50mm幅を注文してしまいました。。。 何かに使えるか?! カットで頼まなければ、使い道があったかもしれないけど、、、。 自戒と備忘の為にアップして […]

>続きを読む

上タックゴム 縫い付け

2020/03/16  -パーツ副資材, 生産中

ペン差しとなるパーツを縫い付け 副資材:上タックゴム(40㎜幅) 素材:ポリエステル、レーヨン          

>続きを読む

不良率0%を目指して 

僅かな角の丸みの変更です。 この差が、効率化、品質の安定につながります。 モノづくりは、地味でも、目立たなくても 改良の積み重ねを怠ったらおしまいです。   ・副資材:ホック7060

>続きを読む

ミシン糸 太さ(細さ)いろいろ

縫製工場によって、メインとする糸の太さが違います。 当社のミシン、設備、技術は厚物を主にしてます。 そのため普段使う糸は、8~40番糸が多いです 細いのは50番糸が、対応できるギリギリの細さです。

>続きを読む

裁断板

2020/06/15  -縫製工場現場

抜きカスがつまり、切れ味も悪くなってきている。 そろそろ替え時かな。。。   1日の裁断枚数によるでしょうが 交換時期の業界平均は、何か月ぐらいなんだろう。   いつまでも長持ちしているってことは、そ […]

>続きを読む

縫製工場の日常風景

よーく見ると二本針ミシン

>続きを読む